はじめに

「Google検索で一番トップに出したい」と良く言われます。一番トップに表されたいのであれば、検索したそのキーワードで一番価値あるサイトにする事が求められます。
ホームページ立ちあげてすぐのホームページを考えるとどうでしょうか?
誰も知らない、誰も開いた事がないページです。当たり前ですが検索ランキングは最下位から始まると言うのは、ちょっと考えれば解ります。
そんな最下位から、トップに躍り出るまでの流れを説明します。

まずは下準備(内部対策)

まずは検索してもらう為にホームページ制作の段階で下準備を行います。
下準備とは、SEO内部対策とも言われていますが、タグで行う以下の様な事が主な内容です。

<title> 検索して欲しいキーワードを含めたサイトのタイトルです。
<meta name=description・・・> Gooleなどでの検索時にサイトの説明として表示される内容ですが、こちらもキーワードを意識して文を構成すると効果的です。
<meta name=keywords・・・> こちらにはキーワードを半角カンマ「,」で区切って複数並べます。
<img src=”・・・” alt=””・・・> alt=”ここにキーワード”従来ここは、代替えテキストとしてテキストブラウザなどで表示されてた部分ですが、表に出てこない為、キーワード出現率の調整など最近では暗黙の中でキーワードとして利用されてるケースが多くあります。
<h1><h2>等 ホームページを構成する上で、<h1>等は見出しにあたる部分です。見出しも検索対策として重要な要素です。

重要なキーワードとは?

全てに言える事として、文をつくる上でもキーワードを並べる上でも最初に出てくるキーワードが一番重要と判断されます。ページを見るとより上に表示されてる文字は、より重要なキーワードとして判断されます。ホームページもリアルの世界も全く同じで、文字もより大きく、より太く、より目立つ方が、より重要とGoogleに判断されると言われています。

不要な小細工はNG

キーワードを考える上で、重要なのはそのページでのキーワードを考える事です。どう言うことかと説明すると、トップページや会社概要、お問い合わせなどそれぞれのページで全て同じ、<title>やdiscripsion keywords を使わない事です。同じ内容は、コピペしてると言うのがあからさまです。
Googleも、似た複数のページはランキングを下げるとも言われています。
また、キーワードや文の中に「!」や「【】」など記号を過剰に使いすぎると、これもラインキングが上がらないと言われています。
その他、実際見えるページ内に1箇所も表示されていないキーワードが、<title>やdiscripsion keywordsなどでは、重要かの様に設定されている事も、Googleからしてみれば矛盾している為、ランキングが上がってこない様です。
また過剰と言えば、キーワード出現率。ぺージ内全単語中のある重要キーワードの出現率は、4%〜8%などが最適だとされています。多くても少なくても重要度は下がります。

最重要な外部対策

今まで内部対策について説明しましたが、実はSEO対策としての内部対策は、ほとんど効果がなく、どちらかと言うと外部対策で効果を発揮する為の下準備と言えます。
下準備は、外部対策時にどれだけ効果を発揮してくるかと言う重要な部分ですから手を抜かずよく考え設定する事が必要です。

では、これから外部対策についてです。
外部対策で何よりも影響する事項は以下3つになります。

  • どれだけ多くの人が、サイトにアクセスしているのか?
  • どれだけ長く滞在しているのか?
  • サイト内、どれだけ多くのページを巡回しているのか?

でも、これって順位が最下位ならありえない事ですよね?だから、出来たばかりサイトは苦労するんです。リアルの世界と同じで人気店舗は、そもそも多く人が集まるので、口コミやTV取材などの効果も得やすい。そんな中で戦って行く事が必要なんです。でも逆に考えれば、上位に上がりさえすれば、そう降格することは無いと言う事です。
では、こんな中に挑む方法を説明します。

主な外部対策

被リンクを増やす:外部からの一方的なリンクを被リンクと言います。SNSを利用して多くの方の口コミとリンクをして頂ける様にキャンペーンなどで誘導します。blogも最近ではかなり少なくなってきましたが、かなり有効です。とくに多くの方が訪れるサイト、自分のサイトと同業系からのリンクは高く評価されます。blogのコメントに自社のURLを貼れるタイプは、自分で被リンクを貼れると言う意味では是非活用するべきです。

プレゼント企画:最近は少なくなったプレゼント企画。実は企画の本来の目的としては効果は全く無いかもしれませんが、SEO対策として「多くの人を集める」と言う意味では、かなり良い効果を出す事が出来ます。プレゼント企画を開催したら、自分の所有するSNSやblogなどフル活用して情報公開する事が必要です。

紙媒体もフル活用:名刺・チラシ・看板などの媒体からの誘導も効果的なSEO対策です。お店をされてる方は、QRコードからホームページに多くの方にアクセスして頂くだけでも、効果絶大です。

まとめ

Googleの思いは、ユーザー目線でいかに目的にあったサイトを上位に表示できるか?と言う事です。ですから極論から言って検索した「キーワード」にて最高のサイトが上位に表示されるのがベストなんです。出来たばかりのページより、老舗のページ。情報の少ないページより多いページ。あまり人が訪れない寂れたページより、毎日多くの方が訪れる超人気ページが上位に表示される事がベストなんです。
基本は、リアル店舗の盛り上げ方と同じです。人気店目指して頑張りましょう!