インターネットでの通信販売を始めようと考えられてる方。楽天市場やYahooショッピングに出店したいけど、何をどうしたら良いのか解らない方も多くおられると思います。例えば、発送方法は?宅配便との契約は?決済方法は?クレジットカード決済したいんだけど・・・。
顧客とのメール対応の方法やメールの基本など何も知らないんだけど・・・。

現在、インターネット通販のサイトを運営されてる方で一番の悩みは、売上の伸び悩みではないでしょうか?売上を上げるためには、自分と違う方向からの考え方や、過去の成功失敗事例などを多く知ることが大切です。

どこに出店したらよいか迷ってる

「商材はあるけど、どこに出店したら良いかわからない」意外に多いこの悩み。どこのモールを選ぶかは一番大切なところです。
少し、ネタをお伝えしますと、大手の特徴で言うと「楽天市場は、店長で買う」「Yahooショッピングは、価格で買う」「Amazonは、ブランドで買う」と言われています。

あなたがオリジナル商品を取り扱っているなら、楽天市場が一番向いてるかも知れません。オリジナルですとブランド力も弱いはずですし価格競争にしても競い相手がいません。
そして、どこの店舗でも取り扱っている有名な商品をどこよりも安く仕入れて売れるならYahooショッピングが向いてるかも知れません。

ネット通販で中々売上に結びつかない

売上が上がらない理由は沢山あります。 また、ネット通販の場合、売上が上がるまでのプロセスの1つでも欠けると全く売れないと言う現象が起きます。特に出店ほやほやの店舗さんは、ダイレクトに反応が出てきます。

価格の付け方が間違ってるのか?商品説明ページでうまく伝えれてないのか?そもそも人はページを見に来ているのか?

よく目につく間違いは、送料等の設定方法です。お客様が商品を購入する際、ページの上から順に追ってページを読んで見て行きます。
最後の決済段階で、一番気になるのが送料です。カートボタンの側に、送料の表記が無い場合は、探しにページを離れてしまいます。

また、送料が表記されてても面倒な表記の場合(地域や大きさ、離島によって価格が違う)は、面倒になりページを離れてしまいます。

折角カートボタンまで辿り着いてるのに、購入に至らない例がかなり目立ちます。ちょっと見直せば売上につながることもあります。

売れるけど利益が全く出ない

この場合は、完全な価格設定ミスですね。そう言うと、必ず言われるのが「価格を上げると売れない」 
本当にそうでしょうか?実は質の良い、今後リピーターとして長く繋がって行ってくれるお客様は、価格よりも気持ちの良い買い物を望んでいる傾向にあります。

きちんと利益の出る価格が設定できたら、キャンペーンなどで「価格を下げるのではなく」「付加価値を上げる」販売方法を得ることが必要です。

WEBでの管理が難しい

パソコンが苦手な方の、ネット通販に切り出せない1番の悩みがこれです。 
確かに慣れないと難しいですが、慣れるにはちょっとしたコツがあります。通販管理の場合は、管理用のページに入り、最低限おさえないといけない項目はそんなに多くありません。

ネットショッピングモールの担当の言ってる事が難しい

これは「通販あるある」です(笑) 担当のコンサルタントが何言ってるか解らないと良く言われます。転換率とかコンバージョンとか、バナーとかURLとかタグとかリンクとか、広告の紹介とかも難しい言葉ばっかりで、クリックしたらポイントがどうのこうのとか、ほんとに販売に直接関係のない所で迷いが出来てきます。

正直私もネット通販に2000年から関わらせて頂いてますが、よく読まないと理解できない広告などもあります。

広告代がかかりすぎて・・・

ネット通販で 売上を伸ばすためには広告は不可欠です。但し、広告費を多く使うこととは別問題です。実は、無料広告を利用するコツがあります。
実際は、間接的なものになりますが、例えば楽天市場などショッピングモールが出店商品をアピールする為にGoogleなどに出してる広告などがあります。

例えば「福岡県産ヒノヒカリ」をGoogleで検索すると広告で「福岡県産ヒノヒカリ通販」と、広告が表示されクリックすると楽天市場内で「福岡県産ヒノヒカリ」で検索されたページが出てきます。
そこに表示されるのは、とくに広告を購入してる店舗ではなく、ごく普通の出店店舗です。この検索に乗っかる作戦を練れば、タダの広告が出せたようなイメージが出来ます。

そんな風に私が勝手に無料広告と呼んでいるのもは、日々代わり進化していってます。

もっと売上を伸ばしたい

諦めなければ、インターネット通販は無限の売り上げアップの可能性があります。また、ほぼどんな商品でも売上げアップは望めます。 
ほとんどの商品は、何かが足かせになって売上げアップを妨げています。

例えば、仕入れ値や送料、壊れやすいもの大きすぎるもの、色々と問題を抱えて売れない原因を作っています。が、しかし!その足かせが原因で売れないのは同業者も同じです。という事はチャンスだと思いませんか?

競い相手がいなければ、独擅場にも成りえます。足かせは大きいほど、外れた時の売上は大きくなります。
是非、インターネット通販で、日本一の売上を目指してみませんか?