ホームページには、大きく分けて2種類あります。通信販売を主な役目とするECサイト(インターネット通販サイト)とコーポレートサイトです。
ECサイトは商品を売るのが目的に対し、コーポレートサイトは会社の名前やブランドを売るサイトです。

コーポレートサイトを持たないと言うのは、リアルの世界では看板を持たない様なものです。新しく事業を初めても看板を表示しないと誰も訪れてくれないですよね?
誰にも知られたくない闇営業されてる場合は別として、起業されたら多くの人に知ってもらいたいと思うはずです。昔だったら起業したらまず、ハローページやタウンページに登録していたものです。
会社を起業されてるなら、ホームページは必須と言えます。

ホームページで最低限必要なページは以下の様になります。

  • トップページ
  • 事業内容又は、取扱商品紹介
  • 会社紹介&沿革
  • お問い合わせ

以上の内容をしっかりとお伝えできれば、会社のイメージは十分伝わるはずです。まずは、Google検索などで検索してヒットしてもらう為の基礎作りからです。ホームページがない事にはヒットされることもありません。

もし、もっと多くの情報を伝えたい場合は、完成後にボリュームアップして行くことをお勧めします。ホームページは、こまめに内容を更新したり追加したりする事によって活きてきます。ホームページが活性化すると検索対策にも影響をしてきます。

Google検索などでは、人気のあるホームページを上位に表示します。人気とは、簡単に申し上げると多くの人が多くの地域から色んな時間にアクセスしそして長く滞在して頂くことです。